*

EUドミノ離脱は絶対に起こらない

EUドミノ離脱

この状況で絶対に起こるわけが無い。1000%無い。断言する。といっても、5年とか6年の比較的短期に見ての話ですけど。

今回のイギリスのEU離脱を機に他の国も次々にEU離脱したいと言い出してEUが崩壊するんじゃないかと噂されています。いわゆるドミノ離脱というやつです。フランスではEU否定派が多く、イギリスのEU離脱をみて離脱派が国民投票をやらせろと勢いづいています。EU四天王のイギリスが抜けた今、もしフランスが続いて離脱すればイタリア、スペインとドミノ離脱が起こり、EUは確実に崩壊します。

だけど本当にフランスは国民投票をやるでしょうか?

ぼくは絶対にやらないと思います。だって、離脱を決定したイギリスが国家崩壊の危機的な状況に陥ってますから。

イギリスではキャメロンのアホが国民投票をやると公約して当選して、実際に行われました。キャメロンは残留派で離脱なんか絶対にないと甘く見ていたんでしょうけど、蓋を開けてみれば僅差ではあるけど離脱が決定してしまいました。そして、市場はパニックになりポンドは歴史上類を見ないほどの勢いで叩き売られ、人生をロスカットせざるを得なくなった人も続出しました。

EUから抜ければEUとの貿易に関税がかかり、今までより不利な状態になります。EUという巨大な市場に対して、かなり不利な状況になるのでイギリスから逃げ出してEU内の国に移転する企業も出てくるでしょう。そうなったら失業者があふれることになりそうです。そして、スコットランドが再びイギリスから独立する住民投票をやると言い出しています。スコットランドではEU残留派が多数を占めていたので、イギリスから独立してEUに入りたいとのことです。同様のことがウェールズ、アイルランドでも起こっており、もしこれらの地域が独立してしまうようならイギリスは解体され、二度と立ち上がることができないぐらいの打撃を受けます。

離脱派の中にはこんなことになるとは思っていなかった人も多数いるようで、離脱に投票したことを後悔している人も大勢いるようです。そして、再投票を呼びかける署名が400万票以上集まっているらしいです。まあ、再投票はありえないとキャメロンが言ってるんで無いでしょうけど。とにかく、EU離脱決定後のイギリス人の狼狽っぷりはすごいです。将来が不安で仕方が無いでしょうね。今頃はフランスかドイツに移住する準備でも始めてるんじゃないでしょうか。

そもそも国家を分断してしまうような重大事案を国民投票で決めるべきじゃなかったんだよ。

こういう状況を見てしまうとEU離脱の国民投票なんて恐ろしくてとてもじゃないけどできないと思います。それでもこんな馬鹿げた国民投票をやると言うのならぼくはフランス人を軽蔑してしまうね。もしやるんだったら、イギリスが本当に離脱して安定してやっていけるのを確認してからでしょう。今すぐにイギリスに続くのは危険すぎる。本当に離脱するのは離脱を宣言してから2年かかるし、いろいろ条約を結び直さないといけないから安定するまで10年ぐらいはかかると思われます。だから、他の国が離脱したいと言い出すまであと10年ぐらいは猶予があると思ってます。

広告

関連記事

【週間予測】2014年4月21日~25日

今週は102.8ぐらいまで上がると予想していましたが 若干上昇が弱く、102.56までしか上がりま

記事を読む

現在公開可能な下げ材料

原油先物が1バレル60ドルを割り込んだ。 アメリカのシェール革命により原油の供給が過剰になった

記事を読む

格付け会社の格付けがいい加減すぎる件

最近、日本をはじめとしてブラジルとかフランスとか国債の格下げが相次いでいます。 まあアベノミクスも

記事を読む

9月FOMCで利上げはあるのか?

結論から言うとありえない。断言する! チャイナショックで世界経済がえらいことになってるのに、こ

記事を読む

【お得】人気EA “White Bear” が無料でもらえる

今回はあの人気EA「White Bear」が無料でもらえるお得情報をお届けします。White Bea

記事を読む

朝鮮半島情勢

米朝会談に向けて事態は収束して行くのかと思われましたが、アホのカリアゲ君がまたまたやらかしてくれまし

記事を読む

リベンジ!雇用統計!:6月2日~6日

前回の予想で今週は絶対上に行くと豪語していましたが、 見事に外れてしまいました(´・ω・)スマソ

記事を読む

雇用統計で地獄絵図

セルインメイはありまぁす! 昨日(2014/5/2)の相場を見ているとそんな声が聞こえてきそうな気

記事を読む

【ボクのポジを】ドル円Lが捕まってしまい・・・【たすけておくれよぉ】

また、やっちまいましたよ・・・とりあえず、前回のオジ円底Sの報告から・・・。アメリカの利上げにもかか

記事を読む

FOMCと日銀金融政策決定会合

来週は28日にFOMC、29日に日銀金融政策決定会合の結果発表とビッグイベントが続きます。 年

記事を読む

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告








    • 2014年以前:-2,181,067円

      2014年
      1月:+4,928円  2月:+46,632円
      3月:-2,316円  4月:+19,357円
      5月:-6,945円  6月:+12,756円
      7月:+10,139円  8月:+33,144円
      9月:+31,521円  10月:+63,150円
      11月:+69,384円  12月:+495,589円
      年間合計:+777,339円

      2015年
      1月:-867,378円  2月:+159,879円
      3月:-375,359円 4月:-27,119円
      5月:-53,647円  6月:+72,091円
      7月:+135,412円 8月:-268,590円
      9月:+53,432円 10月:+594,303円
      11月:+83,046円 12月:-201,794円
      年間合計:-695,724円

      2016年
      1月:+239,791円 2月:-2,488,517円 
      3月:+528,388円 4月:+781,467円
      5月:+99,337円 6月:-1,452,023円
      7月:-1,570,340円 8月:+207,924円
      9月:-832,404円 10月:+65,495円
      11月:+261,639円 12月:+332,196円
      年間合計:-3,827,047円

      2017年
      1月:-608,056円 2月:+326,083円
      3月:+543,732円 4月:+3,330円
      5月:+465,204円 6月:+767,856円
      7月:+847,343円 8月:-105,920円
      9月:+802,466円 10月:+598,930円
      11月:+64,308円
      年間合計:+3,705,276円

      生涯収支:-2,221,223円

PAGE TOP ↑