米朝戦争で金融取引停止になったら日本人トレーダーが破産する件

ミサイル着弾で金融機関取引停止!?

JFXの小林社長がちょろっと言ってたんだけど、米朝戦争が起こって日本にミサイルが着弾するようなことになると、金融機関が閉鎖されて取引不能の状態になるかもしれないらしい。

現金を引き出せなくなるのは当然として、我々が行っているFXのトレードも一切行えなくなるということになるだろう。ノーポジの人にとってはポジれなくなるだけで大した影響はないだろうけど、ポジションを持っている人にとっては人生を終わらせるぐらいの影響が出るかもしれない。

トレードが出来なくなるということは、損切りもできないと言うことです。例えストップを入れていたとしてもね。これがどれだけ恐ろしいことか相場暦が長い人ならわかるだろう。

日本に着弾となったら、円高方向か円安方向かはわからないけど、クロス円のボラティリティは異常なぐらい跳ね上がると思う。核ミサイルで東京消滅なんていう最悪のシナリオも想定される事態になるだろうから、ひょっとしたら去年のブレグジットに匹敵する値動きになるかもしれん。

そんなときにトレード不能状態で、損切りも出来ず、ストップも機能しなかったとしたら・・・しかも、その状態が1週間とか2週間続いたとしたら・・・。国内だからゼロカットシステムなんて無いし、一生かかっても返せないぐらいの借金を背負うことになるだろう。

運良く生き延びたとしても、FX業者が大損ぶっこいて倒産する可能性もある。業者倒産となったらどんなに含み損を抱えていようが問答無用で強制決済です。一応100%信託保全だから、証拠金は全額帰って来るけどね。

似たようなことをスイスショックでアルパリが倒産したときに経験したから、同じような対応になると思う。でも、実際にお金が振り込まれるまでは不安で不安で仕方なかったけどね。

まあ、開戦の可能性は低そうだけど、これ以上維持率を下げるわけに行かないので、年内はトレードしません。ていうか、この件が頭をよぎって、ポジポジ病患者のぼくが、今月中旬から新規にポジはとってないという・・・。早くポジりたいのだけどね。ロケットマン早く死んでくれないかなぁ・・・と心の底から思う。