*

6月利上げしませんから! byイエレン

公開日: : コラム, 予測のカテゴリ

アメリカ経済が絶好調で6月利上げの確率が高まっています。ハト派で知られるブレイナードまでもが、まもなくの利上げが適切だろうと発言しており、6月のFOMCでの利上げを示唆しています。市場では今回の利上げをほぼ織込んでおり、みなさん期待に胸を膨らませていることかとおもいます。そんなときに水を差すようで心苦しいですが、一つだけ言っておかなければならないことがあります。

 

6月利上げしませんから!

残念!

 

だって、FRBのみなさんがこぞって利上げ!利上げ!っていってますから。思い返せば、FRBの連中は去年も一昨年も少なくとも年3回は利上げをすると豪語していました。ところが、結局利上げは1回。しかも、ずるずる引き延ばして、年0回はさすがにまずいから、12月に追い込まれてしぶしぶ利上げをするという感じだったと思います。息をするように嘘を吐く、そういう連中です。FRBは嘘つき集団といっても過言ではないかと。

てか、なんであの人たちは利上げの回数を宣言したがるんだろう。一応「経済状況をみて」という枕詞は入ってるけど、じゃあお前ら今後1年間の経済状況を見通せるのかと問いただしたいね。一昨年はチャイナショック、去年はブレグジット、今年はトランプショックが来るかもしれません。経済に致命的なダメージを与えかねないイベントが目白押しで、先行き不透明なのになんで年3回とかいう数字を言っちゃうんだろう。こんな状況で1年後の経済状況を言い当てるなんてニュータイプでも無理ですよ。一般人が言うんだったらいいけど、FRBの中の人がそういう発言をすると投資家は信じてしまうやん。でも、結局は根拠の無いでまかせだから、実行できずマーケットをめちゃくちゃにかき回すだけの結果になってしまうんですよ。まったく迷惑な話です。

それに今は、ロシアゲートの問題でごちゃごちゃしてるから、なかなか利上げできないと思うけど。トランプが失脚すると経済的にダメージを受けるから利上げなんかやってる場合じゃない。

それと、トランプがロシアゲートで追詰められて、それをごまかすために北朝鮮に戦争をしかけるかもと噂されていたけど、結局のところヘたれてしまって、北朝鮮を調子ずかせてしまうという大失態を犯してしまいました。G7でも存在感を発揮できず、欧州諸国に仲間はずれにされて、その腹いせに対ドイツでの貿易赤字を批判するという小心者っぷりを発揮してしまいました。

安全保障もだめ。外交もだめ。となったら残るは経済しかありません。利上げというのは加熱しすぎた景気にブレーキをかける行為ですから、トランプにとっては好ましくないと思われます。何としても好景気を維持したいと考えているはずなんでFRBに対してものすごいプレッシャーをかけていることかと思われます。何といっても、FBIに対して圧力をかける人ですから。当然、FRBにも圧力をかけているはずです。

12月、3月と立て続けに利上げを続けていて、ちとペースが速すぎというのもあるし。今回の利上げは見送ると思うんだけど。まあ、わたしの予想は80%ぐらいの確率ではずれるんだけどね・・・

 

 

広告

関連記事

9月FOMCで利上げはあるのか?

結論から言うとありえない。断言する! チャイナショックで世界経済がえらいことになってるのに、こ

記事を読む

ユーロキャリードレードについて

初心者の諸君は知らないと思いますが、世の中にはキャリートレードという取引があります。キャリートレード

記事を読む

ウォールマリアvsウォールローゼ:5月12日~16日

その日 ロンガーは思い出した ウクライナに支配されていた恐怖を… まさかウォールマリア(102

記事を読む

選挙期間中の報道は規制すべき

マスコミ各社の世論調査で自民党が300議席超の議席を獲得して圧勝するなどと報道されていますが、いった

記事を読む

ECBの追加緩和について

最近ドラギが追加緩和に関する発言を連日繰り返して相場を荒らしまくっていますが、本当に追加緩和は行われ

記事を読む

ギリシャ国民投票どうなる?

ついにチプラスの馬鹿がIMFの借金を踏み倒しました。IMF側はデフォルトという言葉を使わず延滞という

記事を読む

最近の要人発言はけしからん

最近の要人発言がひどすぎる。 6月8日: 15時ぐらいにブルームバーグがフランス当局者の話と

記事を読む

【週間予測】4月14日~18日

今週から当たるか当たらないかは別として週間予測を発表していきたいと思います。 多分当たらないことの

記事を読む

楽天証券スプレッド拡大事件

事件は会議室で起きてるんじゃない!楽天で起きてるんだ! 昨日、楽天証券がとんでもないことをやら

記事を読む

Brexit(イギリスEU離脱問題)についての見解

Brexit(イギリスのEU離脱)の是非を問う国民投票が6月23日に行われます。運命の日まであと10

記事を読む

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告








    • 2014年以前:-2,181,067円

      2014年
      1月:+4,928円  2月:+46,632円
      3月:-2,316円  4月:+19,357円
      5月:-6,945円  6月:+12,756円
      7月:+10,139円  8月:+33,144円
      9月:+31,521円  10月:+63,150円
      11月:+69,384円  12月:+495,589円
      年間合計:+777,339円

      2015年
      1月:-867,378円  2月:+159,879円
      3月:-375,359円 4月:-27,119円
      5月:-53,647円  6月:+72,091円
      7月:+135,412円 8月:-268,590円
      9月:+53,432円 10月:+594,303円
      11月:+83,046円 12月:-201,794円
      年間合計:-695,724円

      2016年
      1月:+239,791円 2月:-2,488,517円 
      3月:+528,388円 4月:+781,467円
      5月:+99,337円 6月:-1,452,023円
      7月:-1,570,340円 8月:+207,924円
      9月:-832,404円 10月:+65,495円
      11月:+261,639円 12月:+332,196円
      年間合計:-3,827,047円

      2017年
      1月:-608,056円 2月:+326,083円
      3月:+543,732円 4月:+3,330円
      5月:+465,204円 6月:+767,856円
      7月:+847,343円 8月:-105,920円
      9月:+802,466円 10月:+598,930円
      11月:+64,308円
      年間合計:+3,705,276円

      生涯収支:-2,221,223円

PAGE TOP ↑