朝鮮半島情勢

米朝会談に向けて事態は収束して行くのかと思われましたが、アホのカリアゲ君がまたまたやらかしてくれました。本日早朝に弾道ミサイルを発射したとのこと。ロフテッドというほぼ真上に打ち上げる撃ち方で、高度は2000kmを超えて、30分間ぐらい飛んだらしい。前回は失敗でしたが、今回は完全に成功。大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなかったみたいだけど、あと少しでアメリカ本土を狙えるところまで来ているといった印象です。

米朝会談に持ち込めば、これまでと同じように核放棄の意思が無くてものらりくらりとごまかして時間稼ぎ出来たものを・・・。今回のミサイル発射で警戒レベルを上げてしまいましたな。トランプ大統領がFBI長官解任事件でピンチに陥っていて、支持率巻き返しのために北朝鮮に攻撃をしかけるかもしれないと言われているこの時期にやるとは・・・。しかも、中国が命運をかけてやろうとしている一帯一路構想の国際会議の日にやってしまうとは・・・。最悪のタイミングで最悪のことをやってしまうのは北も南も同じなんだなぁ。やっぱり同じ民族なんだなぁとしみじみ感じてしまう。

習近平はトランプに圧力をかけられて、しぶしぶ北朝鮮の説得をしていたのに、このタイミングで暴れられたら面子丸つぶれです。中国人は何よりも面子を重んじるのに、トランプに面子をつぶされて、さらにどう考えても格下のカリアゲ君にまで面子をつぶされたのだから、内心はらわた煮えくり返っているだろう。カリアゲ君は頭に乗りすぎなんじゃないかな。上手くやればまだまだ生き残る道は残されているのにこんなことやってたら消されるとおもうけどな。今までさんざん中国にお世話になっておきながら、恩を仇で返すのはやっぱり民族性なんだなぁ。

それにしても、ここまでカリアゲ君が強気に出られる理由は一体なんなんだろうな。ただ単に頭が悪いだけなのか、それとも他に何かあるのか。

中国が石油の輸出停止を含めた経済制裁をしようとしているけど、ロシアが裏で援助してくれるからか。でも、そうなるとロシアに生殺与奪を握られて、服従するしかなくなると思うけど。それに対抗するために核でロシアを脅すのか。でも、そんな状況はロシアにとっては面白くないだろうし。

米中が協力して北朝鮮を何とかしようとしているときに、下手に北朝鮮側につくと逆に不利になるような状況追い込まれるかもしれない。そうなればあっさり手の平返ししてくるだろうから、彼らをあてにしすぎるのはリスクが高いと思うけどね。実際、万景峰号の航路開設を延期して米中に配慮しているような素振りを見せているし、ロシアは今回の件は様子見をするつもりじゃないかと思う。

他にあてがあるとすれば瀋陽か。瀋陽は中国人民解放軍の7大軍区中でも最強の戦力を保持していているけど、核ミサイルは保有していない。ただ、北京とはあまり仲が良くないらしく、ひそかにクーデターを目論んでいるという噂もある。北朝鮮の核ミサイル開発を支援しているという噂もあるし、北朝鮮と組んで核ミサイルを手に入れて、中国共産党を打倒するつもりかもな。まあ、何の根拠も無いけど・・・。

とにかく、今回の教訓は基地外に核を持たせたらアカンということですな。核を持たれると下手に手出しできなくなるから大変です。もしイスラム国みたいなテロリストが核を保有したらと思うとゾッとする。でも、その内保有するようになるだろうから、お先真っ暗だわ。嫌な世の中になったもんだわさ。