米朝開戦前夜

スポンサーリンク

嵐の前の静けさか・・・

北朝鮮が1ヶ月近くミサイルを撃ってませんが、それが逆に怖さを感じさせる。10月10日は朝鮮労働党創建記念日だから絶対撃ってくると思ってたのに・・・。その前に、ミサイルの運搬を開始したというニュースが流れていたから警戒していたんだけど・・・。10月18日に中国共産党の党大会があるから、そのタイミングで撃ってくるのか。もし、党大会でも撃ってこなかったとしたら相当ヤバイ。

今まで、記念日がある度にミサイル発射とか核実験とか挑発行為を行ってきたけど、あくまで挑発行為であってアメリカと戦争するつもりはさらさらなかった。戦争したら100%負けるからね。そんな中で、挑発行為を続けてきたのはアメリカが絶対攻撃してこないという確信があったからだろう。それが一転して、急にミサイル発射をしなくなったのは何故か。

制裁が効きすぎてお金がなくなったのか。いや、それは違う。ミサイルを打てば、マスコミが大々的に取り上げてくれるから兵器の宣伝になるし、ミサイルを撃つ前にドル円をショートしておけばFXでぼろ儲け出来るから、北朝鮮に取っては撃てば撃つほどお金が入ってくる。だから、北朝鮮としてはミサイルを撃ちたくて仕方が無い。だから記念日にかこつけて撃ちまくってるわけです。それが急に撃ってこなくなったということは、撃ちたくても撃てない事情があるからと考えるべきだろう。

つまり、北朝鮮が挑発行為を続けられたのはアメリカが攻撃してこないという前提があったからで、それが崩れれば当然、ミサイルを撃つわけにはいかなくなる。

アメリカは北朝鮮の核を容認するのか

アメリカ側の立場で考えると、北朝鮮がアメリカ本土まで届く核兵器を持つのは容認できないわけです。もしそれが実現すると、北朝鮮から脅されるのもあるし、反米国家やテロリストにも核兵器が渡ってしまうからね。北朝鮮は麻薬の密売とか、暗殺とかアウトローなことを平気でやるから、核兵器の販売なんて余裕でやるだろうね。

そうなったら悪夢ですよ。ロシアとか中国とか理性を持っている国家が核を持つのはいいけど、自爆テロなんかを仕掛けてくるクレイジーな連中が核兵器を所持すれば、9.11のテロどころの話ではないとんでもないことが起こるわけです。アメリカがそれを容認するわけが無い。問題は容認はできないけど、それを阻止する手段があるのかということだろう。

平昌オリンピックがタイムリミット

アメリカ本土まで届く核ミサイルの完成は早ければ来年の春と言われているけど、実際はもっと時間がかかるだろうから、北朝鮮としては何としても時間稼ぎをしたいところ。時間稼ぎの定番と言えば人質作戦。そして、来年2月には平昌リンピックが予定されており、世界中から観客が集まってくるわけです。韓国に潜伏している武装した工作員が一斉に行動を起こせば、オリンピック会場の占拠は余裕でしょう。大統領自体が北朝鮮の工作員だから、その辺の手引きもうまくやってくれるんだろう。

まあ、実際のところどういう手を使ってくるかは分かりませんが、平昌オリンピックは相当ヤバイということだけは分かります。そうなってくると、平昌オリンピック前に決着をつけないといけないことになります。

在韓米人をどうするか

今、一番ネックになっているのが韓国在住の米国人です。北朝鮮を攻撃すれば報復としてソウルを火の海にすると言っており、ソウル周辺に住む米国人6万人に甚大な被害が出るとの言われています。避難命令を出したいところですが、出したら北朝鮮に攻撃がばれてしまいます。被害を最小限に抑えるには奇襲による飽和攻撃で、北朝鮮の戦力を無力化する必要があるでしょうから、なかなか難しいところです。

でも、8月時点で6万人と言われていましたから、今はもっと減っているんじゃないかと思います。だって、ロケットマンがこれだけミサイル撃ちまくってソウルを火の海にしてやるニダって豪語してるんだから、まともな感性を持ってる人間だったら自主的に避難すると思うんですよ。なので、避難命令を出さなくても自然に在韓米人の数は減っていくと思います。

今残っているのは、仕事で仕方なく赴任している人か、韓国系アメリカ人ぐらいじゃないかな。仕事で行ってる人はクリスマス休暇で帰国するだろうし、韓国に残ってる韓国系アメリカ人なんてアメリカ国籍目当ての韓国人だから保護に値しない。だから、その時がロケットマンにクリスマスプレゼントを送る絶好のチャンスかと思います。

あと、もう一つ気になっているのが在韓米国人の避難訓練です。訓練とは言っているけど本当のところはどうなんだろう。避難訓練で避難しているときに攻撃をしかければ、被害が少なくてすむ。訓練と思っていたら本番だったというやつです。

マティス国防長官がソウルを重大な危険にさらさない軍事的選択肢があると発言していましたが、ここで言ってるのは”ソウル”ではなく”ソウルに住んでる米国人”を危険にさらさないと言う意味なんじゃないかと思っています。なので、ソウルに居る米国人の数が減れば北朝鮮攻撃の可能性は十分あると思います。