年スキャ

2017年7月10日

スポンサーリンク

オジ円Lがいつの間にか2歳の誕生日を迎えていました。誰か誕生日プレゼントください。

 

最大2245pip逆行し、含み損が90万までいきましたが、しぶとく生き続け、なんとかここまで来ることが出来ました。恐るべき生命力のこのポジは、いかなるHFの攻撃でも刈り取ることなど不可能!これからもこのポジは10年、20年と生きつづけると思います。

スワップはすでに10万6800円。2年間でスワップが10万を超えていますから、10年で50万円、20年で100万円になるわけです。しかも、豪ドルの政策金利は1.5%と歴史的に見てかなりの低水準ですから、これからは上がっていくしかないわけです。となるとスワップもこれから上がるわけですよ。

そして、中国だのみのオーストラリアですが、なんか知らんけど中国の経済状況も底打ちした観がありますからね。これはもち続けるしかないでしょう。

まあ、建玉評価損益がプラテンしたらさすがにリカクしますけどね。目標はプラス1pip、400円の利益です。何年かかるか分かりませんが、スキャルパーの誇りにかけて意地でも1pip取りに行きます。たかが1pipですが、莫大なスワップがついてきますから結果的に爆益です。これが伝説の手法、年スキャです。

簡単そうに見えるので、実践しようと思った諸君もいるかと思います。ですが一言だけ言っておきます。2000pip逆行したとき恐怖と苦痛は地獄です。数多のトレーダーの中でも年スキャを使いこなせるのは選ばれ死ものだけです。良い子は絶対に真似しないように。

それでもやりたいという方のためにコツを教えます。それは枚数を抑えること、そしてナンピンしないこと、これに尽きます。はずかしながら私ほどの年スキャ使いでもナンピンというとんでもないミスを犯してしまい、チャイナショックで莫大な損失を出してしまいました。ですので、絶対ナンピン禁止。

あとは含み損に長期間耐え続ける忍耐力と、どんなにすさまじいガラが来ても逃げない勇気。それさえあれば何とかなります。だけど、忍耐力と勇気と簡単に言っても、そんなに生半可なものではなく、天賦の才がないとなかなか実践するのは難しいかと。これが選ばれ死ものにしか扱えない理由です。もし年スキャを実践することができたなら、勇者の称号をあたえます。